人気ユニットのスキマスイッチが劇場版ポケットモンスターの主題歌を書き下ろしたことが分かった。映画は夏に公開予定で、人気キャラクター・ピカチュウとの強力タッグで「夏」盛上げへ意気込み十分だ。
 映画は人気アニメ、ポケットモンスターの劇場版「ダイヤモンド・パール 幻影の覇者 ゾロアーク」。湯山邦彦監督から「スカッとした曲を」という依頼を受け、スキマスイッチが書き下ろした。曲調は監督の要望通り、夏をイメージした季節感のあるミディアムテンポで、独特の視点で切り取った切ない想いを綴ったラブソングに仕上がっている。
 主題歌を担当した二人は「最近ライブとかにも家族で観に来てくれるファンが増えてきているので、僕らの音楽を通して、親も子も楽しんでもらえる機会を頂けたことがすごく嬉しい」(大橋さん)、「国民的アニメ映画の主題歌を任して頂けるということで、すごく嬉しい」(常田さん)と満足の様子。
 主題歌は映画公開に合わせて夏に発売される予定。現在、スキマスイッチは、昨年発売したアルバム「ナユタとフカシギ」を引っ提げて全国ツアーを展開中で、夏に向け準備万端のようだ。