en-20100408-02-大澤.jpg 沢田研二さんや吉川晃司さんなど多くの人気歌手、アイドルに楽曲提供していることでも有名な大澤誉志幸さん(52)が、自身初めての本格コレクションアルバムを21日に発売する。
 1983年のソロデビュー以来、シンガー・ソングライター・プロデューサーなど常に多彩な才能を発揮し、時代をクリエイトしてきた大澤さん。これまで本格的なコレクションアルバムは発表されていなかったが、この度、満を持してリリースされるのが、デビューからのシングル作品32曲を集めた究極の2枚組アルバムだ。
 代表曲「そして僕は途方に暮れる」のオリジナル・バージョンをはじめ、今では入手困難となっている名曲を数多く収録したこのアルバムは、1980年代の大ヒット曲はもとより、全ての収録曲が群を抜いてクオリティが高く、あらためて大澤さんの才能の凄さを知ることができる作品だと発売前から大きな話題を呼んでいる。
 また、アルバム購入者には、1980年代のビデオクリップやライヴ映像などの貴重なレア映像が視聴できる期間限定の特設サイト「TraXX Vision」も楽しめる特典付き。
 4月29日には、このアルバムの発売を記念した「Single Collection Release Memorial Special Live at Motion Blue YOKOHAMA」の開催も決定。この会場では大澤さん直筆サイン入りアルバムが販売される。