舞花 4月14日発売のシングル「never cry」でメジャーデビューするシンガーソングライターの舞花さん(19)が3月31日、モバイルショートフィルム「モバ・ドラ」の第二弾となる「4×4」(フォーバイフォー)の完成披露試写会に登場し、ミニライブを披露した。
 「音楽」×「映像」×「モバイル」を融合させた携帯/WEB用映像コンテンツであるモバイルショートフィルム“モバ・ドラ”の第2弾「4×4」が完成。それを記念して、全4話の完成披露初上映会が東京・渋谷シアターTSUTAYAにて行われ、現在ティーンに熱い支持を得る忽那汐里さん、尾崎千瑛さん、染谷将太さんと、監督の月川翔さん、第4話の主題歌を歌う舞花さんが舞台挨拶に登場した。
 今作は、同じ高校に通う男女4人の失恋を、それぞれの視点から描いた全4話からなるショートフィルム。第1話はHilcrhyme(ヒルクライム)の「雨天」、第2話はアニーポンプの「こくはく ~give me a chance~」、第3話はET-KINGの「最後の言葉feat.h」、第4話では舞花さんの「never cry」と、4話それぞれに主題歌があり、監督の月川さんが各話のテーマ曲からインスピレーションを受けて生まれた物語だ。
 「4×4」の感想を求められた舞花さんは「私には恋愛の曲が少ないんですが、この作品から、すごくインスピレーションをもらいました。新しい曲が書けそうです!!」とコメント。また、第4話の主人公を演じた忽那さんは「舞花さんの声にすごく柔らかみがあって、いい曲だなって。撮影前に『never cry』を聴いたんですが、撮影が楽しみになりました」と主題歌に対しての思い入れを語った。
 また、舞花さんはこの日、ミニライブを披露。デビュー曲であり、第4話の主題歌ともなった「never cry」を、アコースティックギターの弾き語りで熱唱し、持ち前のパワフルかつ、やわらかい歌声と抜群の歌唱力で客席を魅了した。ライブ後には「こういう場所で歌うのは初めてだったので、ちょっと戸惑いましたが、とても楽しかったです!!」と喜びをあらわにしていた。
 デビュー曲「never cry」は、切なさが残るメロディーに、失恋を描きながらもあくまで前向きな歌詞を乗せて、舞花の圧倒的な歌唱力で歌い上げる珠玉の一曲だ。着うたレコチョクデイリーチャートでは2位、ウィークリーチャートでも5位にランクイン。有線の問い合わせチャート7位、FM802をはじめ全国FM26局でのパワープレイが決定するなど、発売前から大きな話題を呼んでいる。