ショパン誕生200周年 ロマン派時代を代表する作曲家の1人、フレデリック・フランソワ・ショパンの生誕200周年を記念したトリビュート企画CD『JAMMIN’ with CHOPIN ~トリビュート・トゥ・ショパン~』が24日にリリースされた。
 この作品では、ショパンの数々の名曲を、クラシック畑ではないアーティスト達がアレンジした。
 参加者は、筋肉少女帯のピアニスト“三柴江戸蔵”としても知られている、作曲家の三柴理(みしばさとし)さんを始め、鍵盤と打楽器で構成された全く新しいサウンド“ハイブリッド・インストゥルメンタル”を奏でるアーティスト「→Pia-no-jaC←(ピアノジャック)」、新世代型ダンスミュージックバンド「cro-magnon(クロマニョン)」、野外フェスティバル「Sense of Wonder 2010」にも出演が決定しているシンガーソングライターのタテタカコさんなど。
 ピアノからボーカルもの、ロック、ジャズなどの多彩な要素が、個性溢れるアーティスト達によって様々な感性として表現されている。