森友嵐士 「心因性発声障害」から復帰を果した、T-BOLANのボーカル森友嵐士さんが3月24日に、ソロとして初のシングル「抱きしめていたい/キズナ」をリリースする。ミュージックビデオには、親交のある、映画「おくりびと」脚本家・小山薫堂氏と、亀田興毅さん、大毅さん、和毅さんの3兄弟が出演している。
 PVは、ドキュメンタリー風に撮影された。心因性発声障害を患い14年間、歌手活動から遠ざかっていた森友さんの復帰を祝うストーリーで、小山氏に連れられて会場入りした森友さんを、亀田さんやファン、地元の友人が出迎え、同曲を大合唱して、祝福するもの。歌、演奏も全て当日のままをリアルに収録した、今までにない全く新しいプロモーションビデオに仕上がっている。なお、同PVは現在、ユーチューブで配信されている。