吉田山田 男性デュオ「吉田山田」が2月3日に発売した新曲「ツボミ」(TBS系テレビ『CDTV』2月度エンディングテーマ)が3月2日付のレコチョク着うたランキングで4位を記録した。
 吉田結威さんと山田義孝さんの2人で結成された「吉田山田」は、2人の本名がそのまま使われているグループ名のため、芸人と勘違いされてしまうこともあるが、結成以来、下北沢を中心に全国のライブハウスなどで精力的にライブ活動やプロモーション活動を展開している純粋系デュオだ。
 新曲「ツボミ」はシングル「ツボミ/涙の海」として発売されており、このパッケージの題字を手掛けたのは、放送中のNHK大河ドラマ「龍馬伝」の題字を担当している話題の美人書家・紫舟氏。ドラマの人気上昇に伴い、吉田山田もぐんと知名度を上げた形となったため、紫舟氏は幸運の女神とも呼べそうだ。
 「ツボミ」は繋いだ手の形がツボミに見えた事がヒントとなり完成した曲で、「少しでも優しい気持ちや何でも少しずつ育てる気持ちが伝われば嬉しいと思う」と本人達が語る通り、優しさと愛情を詰め込んだ歌詞に、すぐ耳に馴染むキャッチーで爽やかな曲調に仕上がっている。なお、この楽曲の収録にはDEENのギタリスト・田川伸治も参加した。
 そして、吉田山田が学生時代に通っていた母校が統廃合で無くなった出来事を受け、同じような寂しい思いをした人たちに歌を届けるべく、全国の学校をまわるイベントを企画中だ。