シングル「片思イノ想イカタ」(17日発売)でメジャーデビューを果した米歌手のJAMIL(ジャミール)さんが17日から、ミクシィ公認アカウントをスタートさせた。同曲ではデビュー前から話題を集め、着うたフルでは、新人では異例のUSENチャートに6週連続でランクインしている。
 日本語も出来、オフィシャルブログも全て日本語というジャミールさんが、ミクシィの公式アカウントをスタートする。ミクシィは彼にとって学生時代からにアカウントを持ってきた馴染みの場所。オフィシャルブログとはまた違った新たな一面を見せてくれそうだ。
 ジャミールは、アメリカ・ニュージャージー州に生まれ、14歳で音楽制作をスタート、16歳で組んだユニットで自主制作アルバム12000枚を全米で手売り、既に日本でもAqua Timez(アクアタイムズ)等数々のアーティストの作品に参加する、そんな謎の外国人。
 デビューシングル「片思イノ想イカタ」は、サウンド・プロデューサーにJUJUさん、JASMINEさん、加藤ミリヤさんなど多くの大ヒットを手掛けるJeff Miyahara(ジェフ・ミヤハラ)氏を起用し、作詞作曲を自身が手掛けた「泣けうた×ハジケる片思いソング」。
 現在、ジャミールのマイスペースでは、デビューシングル「片思イノ想イカタ」のカップリング曲「Get Away feat.Lafa Taylor」と「60億+2」が公開されている。