ヒルクライム 28日からスタートするヒルクライムの東名阪福新ツアー「Hilcrhyme TOUR 2010『リサイタル』」が、チケット発売直後にソールドアウトした。これを受けて、新たに全国14都市をまわるツアー「Hilcrhyme TOUR 2010『リサイタル~アンコール~』」の開催が決定した。
 大ヒットシングル「純也と真菜実」「春夏秋冬」「もうバイバイ」が収録されたファーストアルバム「リサイタル」がオリコンウイークリーチャートで最高位2位を獲得。既に30万枚目前のセールスを記録し、発売から1カ月近く経過した現在でも常にトップ10内をキープし続けている。
 その大ヒットアルバムを引っさげた東名阪福新ツアー「Hilcrhyme TOUR 2010『リサイタル』」が2月28日からスタートする予定だが、このチケットが、発売開始と同時に全会場売り切れという人気ぶりを見せ、その後もこのツアーへの問い合わせが殺到した。その大きな反響を目の当たりにしたヒルクライムが、ファンへの恩返しをしたいと、「Hilcrhyme TOUR 2010『リサイタル~アンコール~』」の開催を決定した。
 このツアーは、5月4日からスタートし、全国14都市をまわり、会場のクラスもアップした一大ツアーだ。6月12日には東京・SHIBUYA-AX、ツアー最終日となる6月19日は地元・新潟テルサにてファイナルを飾ることとなる。
 MCのTOCさんが「僕たちはずーっとライブをすることで育ってきた二人」と語る通り、これまでライブ中心の活動を続けてきたヒルクライム。楽曲性の高さと共に、そのライブパフォーマンスは多方面から絶賛されている。追加公演もソールドアウトは必至の状況だ。
 また、同アルバムのヒットを受け、収録曲の「雨天」「ツボミ」の2曲が、着うた・着うたフルで配信されることが決定。レコチョクにて先行配信されるこの2曲の着うたは好評配信中だ。着うたフルは17日から配信される。