mihimaru GT 市原隼人さん(22)主演映画「猿ロック THE MOVIE」の主題歌を歌うmihimaru GTが4日に、東京・中野サンプラザホールで行われた映画完成披露試写会で、サプライズゲストとして登場。主題歌の「Love Letter」を熱唱した。
 ドラマシリーズが大好評を博し、映画として帰って来た「猿ロック THE MOVIE」。完成披露試写会の会場となった中野サンプラザホールには、豪華キャストの舞台挨拶を一目見ようと、約2000人のファンたちが詰め掛けた。
 この日、mihimaru GTの出演は事前に予告されていなかったため、舞台挨拶開始の時刻になると共に会場の照明が落ち、幕が開いて二人が姿を見せると、会場からは大きな歓声が巻き起こった。ボーカルのhirokoさんは、にこやかな笑顔でその声援に応えながら、同映画の主題歌である「Love Letter」を披露。そのしっとりとした歌声は会場を埋め尽くした観客を一様に魅了していた。
 また、曲の披露が終わると、hirokoさんは、舞台袖から「猿ロック THE MOVIE」と書かれた大きな鍵を持って、再登場。映画で重要なキーアイテムとなるトランクにちなんで作られた超巨大トランクにその鍵を差し込むと、トランクが開き、主演の市原さんをはじめ、比嘉愛未さん、高岡蒼甫さん、小西真奈美さんらが登場するというサプライズな演出にも一役買い、会場を大いに沸かせた。
 主演の市原さんがこの日「年を取ると、昔単純にキレイだと思えたものがそうでもなくなっていくことってあると思うんです。でも(主人公の)猿は違って、ずっと純粋なままで信じ続ける。だから相手もだんだん変わって心を開いていくんです」とコメントしたように、「信じることの大切さ」がこの映画の大きなテーマ。このテーマを綴った壮大なバラードである主題歌は現在、着うたフルとして配信中。シングルも2月10日にリリースされる。
 また、主題歌とエンディングテーマの「道しるべ」、同作ドラマシリーズ主題歌の「アンロック」が収録されたニューアルバム「mihimalogy」(ミヒマロジー)は2月24日に発売。初回盤Aには、特典として、mihimaru GTデビュー以来のトレードマーク「アフロキャップ」が封入される。
 4月17日からは全30公演の全国ホールツアーがスタートするmihimaru GT。7月3日には横浜アリーナでの公演も決定している。