オリアンティ
ビーナスフォートに登場したオリアンティ。マイケルが認めたギターサウンドを披露
 マイケル・ジャクソンさんの最後のリハーサル映像を収めたDVD/ブルーレイ「THIS IS IT」が27日に発売され、これを記念して東京・お台場ビーナスフォートで、ジャクソンさん身大フィギュアの除幕式が行われ、女性ギタリストのオリアンティさんがゲストとして駆けつけた。
 映画「THIS IS IT」でジャクソンさんの次にフューチャーされていたとも言える、女性ギタリスト・オリアンティさん。2009年グラミー賞授賞式でのキャリー・アンダーウッドさんとの共演をきっかけにジャクソンさんが彼女に連絡を取り、ロンドンのO2アリーナで予定されていたコンサート「THIS IS IT」でリード・ギターを務めることになっていた。
 今作内でもジャクソンさんの次にフューチャーされており、「マイケルが最後に認めた女性ギタリスト」である彼女が来日するということで、平日の昼間にも関わらず、会場には熱狂的なファンが集結した。
 この日のイベント前には、ジャクソンさんのフィギュアのあまりの精巧さに、感極まってしまうため、事前に予定されていた「人形の近くを立ち位置にすること」、「フィギュアとの2ショット写真撮影」などが出来ないという知らせがスタッフから報道陣に知らせられるという場面があった。
 未だ深い痛みを残している様子の彼女に心配する声も聞かれたが、オリアンティさんは、劇中でも共演曲として演奏した名曲「Black or White」に乗せて、ツアーのために特注した「MJ」と銘打たれたギターを弾きながら元気に登場。会場からは割れんばかりの歓声が沸き起こった。
 オリアンティは「マイケルから学んだことは、全力ですごすこと、楽しむこと。一緒にツアーリハを回った三カ月で絶対にステップアップしたわ」と語った。また、映画「THIS IS IT」の中の有名なシーン「ここのソロ・パートはキミが主役になる瞬間だ、もっと高く!もっと!」とギターの高音をジャクソンさんに要求されるシーンについて「ここはとてもよく覚えている。マイケルの声は高いので、より高く弾くためにとやや苦戦したの」とコメントした。
 また、同日、オリアンティさんは自身の日本デビューアルバムとなる「ビリーヴ」をリリースした。ジャクソンさんにその実力を認められたのを始め、プリンス、サンタナ、スティーヴ・ヴァイといったアーティストたちとのライヴやゲスト参加での共演で、トップ・クラスのギタリストとして実績は十分であるのはもちろん、今作はトップクラスのシンガーソングライターであることを存分に証明した出来となっている。
 1月22日に25歳の誕生日を迎え、イベントの最後には日本のファンからプレゼントを受け取ったり、ギターのピックを投げてプレゼントするなど終始にこやかだった彼女は、日本で急速に知名度を広げつつあり、今後の動向が注目される。