JAMIL アメリカ・ニュージャージー州に生まれ、14歳で音楽制作をスタート、16歳で組んだユニットで自主制作アルバム12000枚を全米で手売り、既に日本でもAqua Timez等数々のアーティストの作品に参加する、そんな謎の外国人JAMIL(ジャミール)が2月17日にシングル「片思イノ想イカタ」を引っ提げ、日本でメジャーデビューすることが決定した。
 2月17日に満を持してリリースされるJAMILのデビューシングル「片思イノ想イカタ」は、サウンド・プロデューサーにJUJU、JASMINE、加藤ミリヤなど多くの大ヒットを手掛けるJeff Miyahara(ジェフ・ミヤハラ)を起用し、作詞作曲を自身が手掛けた「泣けうた×ハジケる片思いソング」。
 この歌は片思いのセツナさとワクワク感が詰まった新しいタイプのラブソングで、これから訪れるバレンタインをきっかけに告白しようとしている人々にちょっとした勇気を与えてくれるはずだ。
 この曲は、すでにUSENにて人気爆発中で、1月6日付総合チャートで7位にチャートイン。また、人気歌詞検索サイトでの歌詞RANKINGでは1位獲得するなど、発売前から話題沸騰中。
 ジャンルに捉われないポップでピースフルなサウンドで英語と日本語、メロディとラップを変幻自在に操るJAMIL。2010年はこの謎の外国人にチェックしたいところ。