ブンブンサテライツ 海外で高い評価を受け、熱狂的音楽ユーザーを中心に日本でも確固たる人気を誇るバンド・ブンブンサテライツが27日に、待望の初ベストアルバム「19972007」をリリースする。
 ブンブンサテライツは、1997年ヨーロッパデビューしブレイクした中野雅之さん、川島道行さんからなるロックバンド。ダンスミュージックを基本としながらのロックのダイナミズムとライヴパフォーマンスは、世界を圧倒。欧米メディアが「ケミカル・ブラザーズ、プロディジー以来の衝撃!」と報じ、アンダーワールド、ファットボーイスリムらとヨーロッパ、全米ツアーを敢行するなど、世界各国のフェスティバルにも出演してきた稀有な日本人ミュージシャンだ。
 彼らの曲は日本のCMにも数多く起用されている。「この音楽がブンブンサテライツだ」と知らずに、認知されている楽曲が多いのが特徴で、現在は日産自動車「X-TRAIL」のCMに起用されている「KICK IT OUT」という楽曲が同CMシリーズ初の日本人楽曲として大きな注目を集めており「誰の曲?」と問い合わせも殺到している。
 そんな彼らが10年以上のキャリア初のベストアルバム「19972007」を27日にリリースする。このアルバムは、単に旧来の楽曲を収録したものではなく、メンバー自身が統一感を持った一つの作品として選曲、リミックス、マスタリングまで手掛けた2枚組み140分収録という超豪華盤。旧来のベストアルバムの在り方を覆す、業界初とも言えるこだわりの作品を完成させた。
 また、このリリースを記念して、世界中の有名アーティストが熱いコメントを寄せている。映画「マトリックス」や「007」の「ジェームス・ボンドのテーマ」のリミックスなどをハリウッドで手掛けた名音楽プロデューサー、ポール・オークンフォールド氏や、言わずと知れたダンスミュージック界の重鎮、アンダーワールドのカール・ハイド氏など海外からのクリエイターから彼らの音楽性を評価する声が続々と届き、彼らがワールドサイズなバンドであることを改めて実感させられる。国内ではドラゴンアッシュ、アジアンカンフージェネレーション、オレンジレンジなどの日本を代表するバンドたちからリスペクトのコメントが届き、ブンブンサテライツの影響力の大きさ、そして音楽性の幅の広さが伺えるコメントにも注目だ。