EXILE 2年連続で日本レコード大賞を受賞したEXILEが、レコ大、紅白歌合戦効果で昨年12月に発売したオリジナルアルバム「愛すべき未来へ」のセールスが伸長している。発売から1カ月で累計出荷枚数が145万枚を超え、勢いが止まらない。
 EXILEは、昨年末の日本レコード大賞を2年連続で受賞、NHK紅白歌合戦出演、TBS系列「CDTVスペシャル」の年またぎライブ&司会など年末に大きな受賞やテレビ露出が続いた効果もあり、発売から約1カ月経った12月28日付オリコンウィークリーチャート5位だった同アルバムが、年明けの同デイリーチャートで連日2位と上昇をみせている。
 同アルバムには、昨年2009年レコード大賞受賞曲「Someday」、一昨年のレコード大賞受賞曲「Ti Amo」の2曲が収録されていることも出荷枚数の増加に繋がったようだ。
 そんなEXILEは2010年の始めと同時に、EXILE初のスタジアムツアー、EXILE Presents Vocal BATTLE AUDITION 2、劇団EXILE JUNCTIONの開催という今年の大きな活動を発表して話題となっている。
 1月18日からはEXILEとして3つ目の冠テレビ番組となるTBS系列「週刊EXILE」がスタートし「Vocal BATTLE AUDITION 2」に密着する。さらに今年開催される「2010 FIFAワールドカップ」に出場する、サッカー日本代表チームのために日本サッカー協会公認「日本代表オフィシャル応援歌」を制作する事も先日発表され、大きな注目が集まっている。