Supernova 動画投稿サイトなどで絶大な支持を得ているボーカロイド楽曲制作プロデューサー「ボーカロイドP」集団が、この作品のために新曲を書き下ろした、新コンセプトのボーカロイドコンピレーションアルバム「EXIT TUNES PRESENTS Supernova(スーパーノヴァ)」が2日、発売された。
 彼らが制作した新曲はすでに彼らの手によりニコニコ動画などにアップされている。それらは初音ミクファン有志の手によって発表され、ランキング付けされる。それらをランキングを確認し新曲をチェックするのだが、「週刊VOCALOIDランキング」では、今回収録されている楽曲のほぼ3分の1が1位を獲得するという快挙を成し遂げている。
 たとえば、同作1曲目に収録されている「初音ミクオリジナル曲『R-18』」を筆頭に、「オリジナル曲PVclock lock works-初音ミク」(同11曲目)、「初音ミク(40メートル)キミボシ-オリジナル」(16曲目)、「初音ミクノチョットアレナ曲14 脱ゲバイイッテモンジャナイ! -Full ver.-」(9曲目)、2位ではあるが10曲目収録の「初音ミクオリジナル曲『ずれていく』」などだ。
 この作品を手掛けたのは「cosMo@暴走P」「Dios/シグナルP」「デッドボールP」「ジミーサムP」などネット界で人気のスーパー音楽プロデューサー集団。全曲アルバムの為に書き下ろしている。
 ジャケットイラストは、デュエルマスターズやマジックザギャザリング、三国志大戦、レンジャーズストライクなどのカードゲームイラストレーションで有名な獅子さんが手掛けた。