イズミカワソラ ミュージシャンとしてはもちろん、CMやラジオと多岐にわたる活動で、国内では「名前は知らないけどこの声は知ってる!」と言わしめた、シンガーソングライターのイズミカワソラさん。CMで流れていた「きっと満足パ~タパ~タく~ん」の歌は、誰でも一度は耳にしたことがあるのではないだろうか。
 その一度聴いたら忘れられないキュートな歌声満載の、デビュー11周年記念コンセプト・アルバム「11」が、12月9日にリリースされる。前作から数えて4年ぶりの新作となるだけに、本人にとっても気合の入る一枚で、「待たせたからには期待を裏切りません!彼女の魅力でもある生粋のポップセンス、自由奔放で時に挑発的なサウンド、そして痛々しいほど繊細な世界観を持った歌詞がぎゅううう~~っと圧縮されたミラクルな作品が誕生しました!!」とその出来栄えに自信満々の様子だ。
 天性の歌声をバックアップするゴージャスなトラックにも注目が集まる。ベースがブリブリのエレクトロトラックから、マニアックなサウンドコラージュ、カルトなシューゲイザー・サウンド、ハンカチ必至の切ない感動曲、そして能天気なノーランズのカヴァー曲などなど、ジェットコースター並みの驚きと感動が待ち構えているとのこと。ちなみに本作の裏テーマは「遊園地」。万華鏡のように変化する音のパラレルワールドにリスナーを誘う、一度で二度も三度も楽しめるコンセプト・アルバムに仕上がった。
 近年は、ミュージシャン業の傍ら、自身が立ち上げた動物愛護会社「Dog-Rights(ドッグ・ライツ)」の活動が、新聞にも掲載されるなど注目を浴びているイズミカワさん。このアルバムのリリースを記念して、12月7日にはニューアルバム「11」のリリース直前プレパーティーと称した、約5年ぶりのワンマンライブも予定されている。