May J.&MAY’S 10~20代の女性を中心に人気を集めるMay J.(メイジェイ)とMAY’S(メイズ)の2人が11月28日、東京・SHIBUYA-AXで行われた、エイズ啓発イベント「RED RIBBON LIVE 2009」で競演を果たした。この日は2人によるガールズ・デュエット・コラボレーション「may×2 project」(メイメイ・プロジェクト)として出演。プロジェクト第1弾の楽曲「Sing for you」や、12月23日に着うた配信予定の第2弾楽曲「恋をしてた~Say Goodbye~」を含む4曲を歌唱し約500人の観客を魅了した。
 このイベントは、HIV(エイズ)に関する正しい知識と理解を全国に広め、HIV(エイズ)のまん延防止と感染者・患者に対する差別・偏見の解消を図ることを目的とした厚生労働省が主催の啓発イベント。この日は各方面で活躍する著名人が大集合。GLAYのTERUさんをはじめ、日本テレビ系「NEWS ZERO」でキャスターを務める村尾信尚氏や、作家小松成美氏などがトークで出演し、ライブではCharaさん、RYOさん(ケツメイシ)、押尾コータローさん、三浦大知さんらが出演した。
 May J.は「私は21歳の大学生なのですが、私達の世代で、HIV(エイズ)に関して、正しい知識を持っている人って少ないと思うんです。だからこそ、私が正しい知識を持つこととHIV検査に行くことに対して積極的に行動しないといけないと強く感じました。Sing for youはかけがえのない絆を歌った曲で、この曲を通して、支えてくれる人の大切さを実感してもらえたらと思います」と検査への重要性を伝えた。