ノコギリガール テレビ朝日系「ロンドンハーツ3時間スペシャル」で話題を集めた、青木さやかさんの歌手デビュー曲「ノコギリガール~ひとりでトイレにいけるもん~」のミュージックビデオが、動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」で公開されて以来、これまでに50万回再生を記録した。
 先行公開された30秒CMバージョンが2週間で18万回の再生を突破、その後フルバージョンが公開されると4日間で30万回再生を突破した。「GyaO!(ギャオ)」でも、11月15日、18日付で総合映像デイリーランキング1位を獲得、音楽映像ウィークリーランキングでも16日付で1位を獲得している。
 番組では当初、50TA(お笑いタレントの狩野英孝さん歌手名義)のCDデビュー曲として制作されるはずだった。楽曲制作やレコーディングが順調に進み、幕張メッセ(千葉市美浜区)での単独公演を行うなど力を入れていたが、番組側との連絡ミスによりレーベル側は青木さんがCDデビューすることで進め、結局、50TAのCDデビューは消えた。
 青木さんが歌う曲として番組放送終了後と同時に配信が始ったPVはその後、アクセスが殺到し、ミュゥモ週間総合ランキングでも1位を獲得するなど、期待以上に注目が集まり嬉しい誤算?となった。楽曲を提供した形となった狩野さんは歌手ではなく、作詞作曲家名義「桜田神邪」として知名度を高めることになった。
 18日には、デビューシングルのパッケージが発売され、DVDには話題のミュージックビデオを収録、そして初公開のミュージックビデオオフショットも同時収録されている。初回特典には、リアル風クワガタステッカーが封入されている
 22日にはラゾーナ川崎プラザ(神奈川県)で発売記念イベントも開催。当日は“青木さやか握手会”も予定されいる。司会はロンドンブーツ1号2号が務めるが、曲の生みの親「狩野英孝」が登場するかは不明だ。