森友嵐士 90年代の音楽シーンを席捲し、その高い人気のまま1999年突然の解散を表明したT-BOLANのボーカル森友嵐士さんが10年ぶりに復活。11月26日に、新曲を着うた配信することが分かった。
 1991年「悲しみが痛いよ」でメジャーデビューしたT-BOLAN。以降、「離したくはない」「Bye For Now」「マリア」などの数々のヒット曲を生み出し、総売上は1500万枚以上を記録した。ところが人気絶頂の1995年に突然のライブ活動休止、そのまま1999年に『それぞれの音楽活動の可能性を広げるため』という理由で解散が発表された。
 だが、本当の解散の理由は、ボーカル森友さん『心因性発声障害』。原因は精神的ショック、ストレス、疲労とされており、喉頭には何の異常も無いのに、話をしようとすると声が全く出なくなってしまったりする病気だ。このため、森友さんは歌うことが全く出来なくなったという。
 解散以降、森友は歌声を取り戻すための日々を送っていたが、この度、ついに復活を遂げることとなった。
 今回11月26日に配信にてリリースされる「絆」は、復活までの長い期間、森友さんを支え続けた多くの仲間、家族、自分の強い想いを歌ったメッセージソングだ。一時歌声を失っていたとは思えないほどの出来で、むしろ、歳を重ねたからこその魅力がプラスされている作品。強い生命力と希望によって取り戻した森友さんの歌が持つ説得力は圧倒的で、歌声・ルックス・存在感を兼ね備えた天性のボーカリスト、森友嵐士の完全復活作として、申し分ない楽曲である。
 T-BOLANを解散してから10年、最後のライブから約14年。どん底から這い上がってきた者にしか紡ぎ出せない、心に響く歌がとどろく。