浜崎あゆみ 浜崎あゆみが12月29日に発売するシングル「You were.../BALLAD」で、自身初のNHKドラマ主題歌とディズニー映画イメージソングの大型ダブルタイアップが決定した。
 映画は12月23日公開の「ティンカー・ベルと月の石」。世界中で愛されている妖精、ティンカー・ベルの冒険の数々を描いた映画「ティンカー・ベル」シリーズ、待望の第2弾。浜崎の楽曲を採用した経緯についてディズニーの担当者は「人気だけでなく、ティンカー・ベルの持っている、いつまでも変わることのない“エバーグリーン”のイメージを持つ女性を探しました。そこで出会ったのが浜崎あゆみでした。日本の女性からの圧倒的支持を受け、ティンクのように自分もそして周りもみんな元気にするパワーを持った方は浜崎あゆみしかいないと思い、今回のイメージソングを依頼いたしました。浜崎の常にトップで輝き、みんなに元気を与え続けている姿は、まさにティンカー・ベルにイメージにぴったりだと思っています。ディズニーの最高のキャラクターの1人であるティンカー・ベルと日本が誇る最高の歌姫、浜崎あゆみの最強のコラボレーションが実現し、とてもうれしく思います」とコメント。
 これに対し、浜崎は「今回、ディズニー映画の「ティンカー・ベルと月の石」のイメージソングに起用して頂き、うれしく思っています。世界中の多くの人から愛されている作品に関わることができ、とても光栄です。映画と共に、私の新曲も楽しんで頂ければ、と思います」と話している。
 また、初のNHKドラマ主題歌に起用された。ドラマは日中共同制作の「蒼穹の昴」。NHK紅白歌合戦には10年連続で出場し昨年は、初の紅組トップバッターを務めるなど良好関係。また中国でも絶大な人気を誇る浜崎は同ドラマを通じて日中の架け橋にも寄与する。浜崎は「今回、この主題歌のお話を頂き、壮大で大陸的な映画音楽のような世界観を意識して創りました。ドラマとともに、男女問わず、幅広い年齢層の方々に聴いて頂き、それぞれいろいろな解釈で楽しんで頂きたいです。また、この曲が日本や中国をはじめ、多くの国々で長く愛されることを願っています」とコメント。