NOW ヒット・コンピの代名詞とも言える「NOW」シリーズの最新作「NOWヨーガク・ヒッツ」が18日、発売される。
 NOWシリーズが日本で最初に発売されたのは1993年。最新洋楽ヒット・コンピとして、第1作目「NOW 1」が発売となり、100万枚を超えるヒットを記録した。以来、2000年に発売されたシリーズ最後の「NOW 12」までの全12タイトルのトータル・セールスはなんと600万枚以上にも上る。
 更にメイン・シリーズ以外にも「NOW」ブランドを使用した「JAZZ」や「CLASSIC」、「CHRISTMAS」、「TV」など、様々な関連リリースを生み出し、90年代の洋楽シーンを席巻、昨今のコンピ・ブームの先駆けとなった。
 その「NOW」が9年ぶりに日本でリリースされる。「NOWヨーガク・ヒッツ」は既に90年代のヒットを集めた「NOW 90’s Best」が6月に発売され、スマッシュ・ヒットを飛ばしているが、今回の「NOWヨーガク・ヒッツ」で「NOW」シリーズ完全復活と言えるだろう。
 ラインナップには、グランド・ファンク・レイルロード、レディー・ガガ、コールドプレイなどなど。世界のスーパースターあり、最新着うたで大ヒットした曲あり、TV/CMタイアップ・ソングありと、耳にすれば「あ、あの曲!」とピンとくるものばかりが詰め込まれた、オイシイ一枚だ。
 音楽評論家の沢田太陽氏によるアルバムの解説によると「2000年代最初の10年が終わろうとしている今、知っておいて損はない“時代を代表する世界的スーパースター”、今年TVを通じてお茶の間に流れていた“CMタイアップ・ヒッツ”、我々日本人の『いいじゃん』という感性で選ばれ、ダウンロードされた“着うたヒッツ”が、レーベルを超え、ジャンル感も絶妙なバランスで収録された。そう、これは海外の押し付けじゃなくて、紛れもなく日本人目線の『YO-GAKU』ヒット集だ」と絶賛。
 収録曲の着うたは、なんとトータルで500万ダウンロードを誇るという今作は、全世界でトータル・セールス1億枚以上のセールスを記録する「NOW」シリーズが贈る最強の一枚。普段洋楽を聴かない人にも、ヘビーリスナーにも、オススメだ。