稲垣涼子 20~30代のOL、子供を持つ母親の間で「癒される」と評判のアイリッシュミュージック・ユニット、LITTLE FOLK(リトルフォーク)が、母と子が共に楽しめる美しい楽曲ばかりを収録したアルバム「An afternoon dream」を11月18日にリリースする。
 LITTLE FOLKは、ヴォーカル・稲垣涼子さんとギター・宮垣憲一郎さんからなるアイリッシュミュージック・ユニット。稲垣さんは90年代後半VELVETGARDEN(w/川添智久さん(LINDBERG))として活躍した後、Rose of Rose(w/はたけさん(シャ乱Q)、樋口宗考さん(LOUDNESS)、鮫島秀樹さん(HOUNDDOG))を結成して話題を呼んだヴォーカリスト。その彼女が、長年心焦がれていたアイリッシュミュージックの本場、アイルランド留学を果たした後、レコーディング等で活動していた宮垣さんと共に結成したのがLITTLE FOLKだ。ケルト民謡の香りがほどよく繁栄されている楽曲は、心に染み渡る哀愁と世代やジャンルを超えた感動を呼び起こす。
 ライブを中心に活動する中でコンピレーション作品にも積極的に参加し「Fioritura」Sunset LoversArtistsや、クリスマスカフェアルバム「CafedeNoel」などにも楽曲を提供している彼らが贈る今回のアルバム「An afternoon dream」は、アイリッシュ系アンサンブルによる美しい楽曲ばかりを収録した、本格的“癒され”ヴォーカルアルバム。1児の母となった稲垣さんが自ら選曲した楽曲ばかりで構成され、CARPENTERS、The CORRS、古謝美佐子さんの代表曲などのカバー曲をアイリッシュテイストでアレンジした。代表的なアイルランドのクリスマスソングも収録し、トラディショナルな楽曲やオリジナル楽曲も含めた本当に美しく優しい音楽ばかりが集められている。
 日々の生活で疲れた心を癒したい方や、小さな子供を持つお母さんにもオススメの作品と言えそうだ。