サトエリ 映画「すべては海になる」(10年1月23日公開)の完成披露試写会が16日、東京・スペースFS汐留で行われ、ダブル主演を務めた、佐藤江梨子さん(27)と柳楽優弥さん(19)、山田あかね監督が登場した。

 映画は「腑抜けども、悲しみの愛をみせろ」でカンヌ国際映画祭批評家週間を沸かせた佐藤さんと、「誰も知らない」カンヌ映画祭コンペティション部門最優秀主演男優賞を受賞し10代ラストを飾る渾身の演技が魅力の柳楽さんによるダブル主演で、山田氏初の映画監督作品。

 佐藤さんと共演してみた感想を聞かれた柳楽さんは「カンヌ国際映画祭のときに、佐藤さんを見つけて思わず「あっ!サトエリだっ!」と叫んでしまったこともあり、何だか縁を感じる」と笑顔で応えた。

 一方、クリスマスに柳楽さんに本のプレゼントをするとしたら、と質問された佐藤さんは「勝新太郎さんの『俺 勝新太郎』というノンフィクションの本をプレゼントしたいです。理由は、柳楽さんも勝新太郎のような、色っぽくてやんちゃな俳優になって欲しいので」とお姉さん視線で期待を込めたメッセージを送ると、柳楽さんは「勝さんは超大好き!」と満足の様子だった。