Steady&Co 2001年当時、ストリートシーンで人気絶頂を誇った3つのユニット、Dragon AshからKj+BOTS、RIP SLYMEからILMARI、SBKからSHIGEOという時代の寵児とも呼べる4人の集合体として生まれたユニット、Steady&Co.の名曲「Only Holy Story」が9年の時間を経て11月9日の着うた先行配信を皮切りにデジタル配信がスタートされる。
 また、この曲のリリースにあたり全国の高校生から曲紹介ナレーションを募集する「曲フリ・ナレーション募集」企画が開催される。全国高校に配布されているフリーペーパー「Ss'」と連動した放送部応援コンテンツ「School Radio Network」、そして女子中高生に圧倒的な人気を持つモバイル音楽情報サイト「@peps!ミュージック」で募集され、中でも優秀なナレーション」は全国のローソン店内BGMや実際にラジオなどの放送の際に使用される。今の時代にも伝わる普遍的名曲ならではの、まさに「Steady&Co.×ティーンズ」というコラボ企画だ。
 「Only Holy Story」は、2001年にリリースされたSteady&Co.のオリジナルアルバム「CHAMBERS」に収録された、冬の切ない恋を歌ったラブソング。アルバム収録曲ながらも楽曲のクオリティの高さが評判を呼び、今でもSteady&Co.niよる冬の名曲として根強い人気を誇っている。
 この楽曲が、これまでにも多くあった「着うたは無いんですか」というファンの声に答え、今冬、9年の時を越えて11月9日に待望のデジタル配信がスタートされることとなった。さらに、11月25日に発売される、今年最も売れている大人気洋楽コンピレーションアルバム「I Love You」の邦楽編、「I Love You J-Ballads」にも本曲の収録が決定している。
 冬を迎え始め、クリスマスの雰囲気も徐々に漂いはじめる今日この頃。9年前の楽曲ながらも時代のギャップを全く感じさせない本曲が、新たな世代に向けた2009年のクリスマスソングとして呼ばれるかも。