Pay money To my Pain 11月5日に発売された人気サッカーゲーム「Wining Eleven 2010(ウイニングイレブン)」には、フットボールの聖地であるイギリス発のアーティストを中心に、王道のUKロックから現代イギリスを象徴するクラブサウンドまで、UKの日常に溢れるBGMが多数搭載されている。
 本国の顔である「Keane」や「Stereophonics」といった豪華バンド陣に加え、「The Chemical Brothers」「Paul Weller」などの大御所はもちろんのこと、「Klaxons」や「Black Kids」などの気鋭の若手陣や、デビューしたてで即話題となっている「Delphic」といったアーティストまで、幅広く搭載。多くのアーティストがウイイレのメニューやハイライトシーンを、贅沢に飾っている。
 その中で海外でも通用するポテンシャルを持った話題のラウドロックバンド、Pay money To my Pain(通称P.T.P)の楽曲「The answer is not in the TV」が収録されている。邦楽の収録はP.T.Pを含めて3アーティストのみである。
 P.T.Pは、今年のサマーソニック09に2年連続で出演するなど、夏フェスでの出演で話題となり、その圧倒的なライブパフォーマンスが人気を集めている。GReeeeNのプロデューサーを務めているJIN氏が以前所属していたことでも話題となった。
 ボーカルのKさんは、ストリートファッション誌などでモデルとしても登場し、ファッションアイコンとしても注目されている。Kさんが先月までツアーを一緒にまわったRIZEのJESSEさん(MC/Gt)と二人で表紙を飾るストリート誌「Ollie」は、11月14日に発売される。同じ日には「Ollie」創刊10周年を記念した主催のイベント『MADOllie』(11/14新木場スタジオコースト)にも出演。
 その他、音楽チャンネルMTVのVJとして活躍中のBoo氏プロデュースのイベント『BooXmas09』(12月24、25日Zepp Tokyo)に出演。年末のライブフェス『COUNTDOWN JAPAN09/10』(12月29日幕張メッセ)にも立て続けに出演することが決っている。