福原美穂 シンガーソングライター福原美穂さんの新曲「Cry No More」、映画「沈まぬ太陽」(10月24日公開)のエンディング曲に起用されている。映画は山崎豊子原作、渡辺謙主演の作品として注目されており、オリジナルの英語詞曲からか、問い合わせも殺到中だという。
 この話題の作品に関して福原さんは「『沈まぬ太陽』のラストシーンを見せて頂いたとき、私は漠然と、でも直感的に“希望”を歌おうと思い、目の前にあるピアノに向かってこの曲を作りました」と制作当時を振り返っている。
 映画を観て書き下ろした感動的なメロディが印象に残るこの曲は、すでに着うたで配信されているが、12月2日に発売される福原さんのニューシングルにも収録されることが決定した。
 リード曲「なんで泣きたくなっちゃうんだろう」は、「Cry No More」の世界観とは全く異なり、友達以上恋人未満の男友達への片想いを、アッパーなダンストラックにのせた爽快なチューンだ。“♪もっともっとキレイになって 振り向かせたい♪”と、パワフルなヴォーカルで歌い上げているが、実はこのストーリーは、福原さん本人の実話。歌詞の続きは「ご想像にお任せします(笑)」とのこと。11月4日にリリースに先駆け、着うたの配信がスタートしている。
 この2曲と共に、3曲目に収録されるのは福原さんが初めてデュエットにチャレンジしたジョン・レノンさんの名曲「Happy Xmas(War Is Over)」のカバー曲。初デュエットした相手は、あのMR.BIGのボーカリスト、エリック・マーティンさんだ。年の差27歳のこのデュエットが実現したのは、来日中のエリックさんに福原さんがオリジナルのクリスマスソング「LOVE ~witer song~」のCDを挨拶と共に渡したところ、エリックさんが気に入り、今回のデュエットを提案して実現。
 この楽曲はエリックさんのXmasカバーアルバム「MR.VOCALIST X’MAS」(11月11日本発売)に収録され、更に11月3日、アメリカで発売されるエリックさんのアルバム「Timeless」にも収録されるというから、LAの黒人教会でのパフォーマンスに続き、福原さんの全米進出への足がかりになる1曲となるだろう。