4人組ロックバンドのスピッツが、2010年4月から7月に掛けて、全国39公演を巡るツアー「Spitz JAMBOREE TOUR 2010」を開催する。前作アルバム「さざなみCD」を引っ提げて07年から08年に掛けて行った全国ツアーと、09年1月に行った初のアリーナ公演に続く4年連続でのツアー。今回は、スピッツとしては初の試みとなる、レコーディング中の発売前のアルバム曲を引っさげてのツアーを行う。
 スピッツの公式サイトでは「レコーディング直後の新鮮な楽曲を持って、とにかくファンの皆さんに直ぐ聴いて欲しい、というメンバーの初期衝動とニューアルバムをリリースするまでのタイムロスを可能な限り無くすことを大切にしました。また、ライヴの構成も過去の楽曲からニューアルバムに収録予定の楽曲で構成し、スピッツの今を見て欲しいと考えました」とツアーへの意気込みを綴っている。
 ツアー終了後には新作アルバムを完成させ、発売後は2011年に5年連続となるツアーを行う予定。