ZEEBRA&AI マイケル・ジャクソンさんの最後のリハーサル映像を収めた映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」のジャパンプレミアが28日午後5時、六本木ヒルズアリーナで行われ、レッドカーペットにはZEEBRAとAIも登場した。
 映画を鑑賞したZEEBRAは「なんでこのコンサートが見れなかったのか残念。スリラーみたいに墓から出てきてほしい。エンターテイナーとして輝きを放っているのは大前提としてあって、だけどすごくシンプルで、ピュアで、スタッフと接しているところを見てもおごってなくて、ものすごく真面目。マイケルは素晴らしい」と感動の様子。
 AIは「感動でヤバかった。ステージ上でマイケルと女性ダンサーが絡むパフォーマンスがあったけど、あの女性ダンサーに私がなりたかった。マイケルがこのコンサートで伝えたかったメッセージが本当に素晴らしい。明日、明後日もまた映画を観にいきます。マイケルからパワーをもらった。私も彼に近づけるようにがんばりたい」と影響を受けたようだ。