CHEMISTRY マイケル・ジャクソンさんの最後のリハーサル映像を収めた映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」のジャパンプレミアが28日午後5時、六本木ヒルズアリーナで行われた。レッドカーペットに登場したCHEMISTRY(ケミストリー)川畑は「きっと素のマイケルを見れるのかなと楽しみにしています」。堂珍は「世界中の人が楽しみにしていると思う。この場にいれることが光栄」と喜びのコメントを寄せた。
 その後、映画を観覧した二人は感動した様子で、堂珍は「感動しました。圧倒されました。マイケルの包み込むようなハッピーなやさしさと、信念を貫き通す姿に心うたれた。マイケルのファンはもちろん、マイケルを知らない人にとっても、マイケルのことがよくわかる作品。自分を信じること、そして生きることの素晴らしさがこの映画にはあふれている」とコメント。
 川畑は「子供のようにはしゃぐ素のマイケルが見れてうれしかった。リハーサルというよりも、まさにライブそのもの。1曲終わるたびに手をたたきそうになった。マイケルとコンサートスタッフとの間に一体感が生まれていて、みんなでこのコンサートを成功させようという熱い思いが伝わってきた。自分も音楽をやっている一人として、いろんなことを教えてもらった」とコメントした。