6月に急死したマイケル・ジャクソンさんの最後のリハーサル映像を収めた映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」が日本時間28日夜、世界同時公開された。日本公開に先駆けジャパンプレミアが28日午後5時、六本木ヒルズアリーナで開催され、Crystal Kay、CHEMISTRY、ZEEBRA、AI、黒木メイサなど、マイケルさんをリスペクトする日本人アーティストが登場した。
 レッドカーペットイベントを締めくくる最後のトリとして、マイケルさんの盟友、ライオネル・リッチーが登場した。ライオネル・リッチーといえば、マイケルさんと共作した「ウィ・アー・ザ・ワールド」は有名で、マイケルとの深い親交もよく知られており、突然の世界的スターの登場に、会場の熱気に溢れた。
 リッチーは「彼が10歳のときから知っているんだ。スーパースターになっていく姿を見てきたけれど、僕にとってマイケルはいくつになっても子供の頃のイタズラ好きなイメージなんだ。この映画では素顔のマイケルを観られると思う。彼はハードワーカーで、仕事に真剣に取り組む人だけど、普段はイタズラ好きで楽しい人。大好きだよ」とコメントしている。