やくしまるえつこ 相対性理論(Vo)、TUTU HELVETICAなどで活躍する、やくしまるえつこが21日、両A面スペシャルシングル「おやすみパラドックス/ジェニーはご機嫌ななめ」を発売。収録曲「おやすみパラドックス」に続いて「ジェニーはご機嫌ななめ」のプロモーションビデオ(PV)の70秒バージョンが配信された。同PVは相対性理論の「LOVEずっきゅん」のPVも手掛けた、みらい制作が監督を務めた。
 「ジェニーはご機嫌ななめ」はリード曲「おやすみパラドックス」の作・編曲を手掛ける近田春夫が1980年にプロデュースしたジューシィ・フルーツの大ヒット曲。その楽曲をYMOの高橋幸宏のアレンジで大胆にカバーしている。
 「おやすみパラドックス/ジェニーはご機嫌ななめ」の初回製造分はスキャニメーション・スリーヴケース仕様。パッケージデザインはコンテンポラリーダンス、現代美術・音楽などのヴィジュアル/カタログデザインやメディア・アーティストとして知られる近藤一弥が担当した。
 「おやすみパラドックス」はTVアニメ「さよなら絶望先生」、「化物語」を手掛けた新房昭之監督による新作TVアニメ「夏のあらし! ~春夏冬中~」のオープニング主題歌としてテレビ東京系で放送されている。
 また、このスペシャルシングルを指定の店舗(HMV、新星堂、タワーレコード、TSUTAYA、ディスクユニオンなど)で購入すると数量限定で「やくしまるえつこ かさねてステッカー」という購入特典がついてくる。
 やくしまるえつこがイラストを描いた特典ステッカーの絵柄は全6種類。店舗ごとに絵柄が異なり、全部重ねてみると一枚の絵になるという遊び心満載のステッカーとなっている。「やくしまるえつこ かさねてステッカー」の詳しい情報は“おやすみパラドックス”オフィシャルサイトにて公開されている。
 写真はHMVバージョンのステッカー。