女優の常盤貴子が20日、劇作家で俳優の長塚圭史と入籍したことを公式サイトで発表した。サイトでは「実に晴れ晴れしく、頼もしい気持ちでいっぱいです。これからは二人で、魂をしっかり結び、ゆっくりじっくりと歩んで参ります」と報告。続けて「新たな一歩を踏み出しました私たちを、温かく見守っていただければ幸いでございます」と綴っている。
 スポーツ紙の報道によれば、二人は2003年、井筒和幸監督の映画「ゲロッパ!」の共演を機に交際。着実に愛を育んでいたが昨年秋、常盤がNHK大河ドラマ「天地人」で1年間の長期撮影に入ったことや、長塚の英国への演劇留学が重なり、この時の遠距離恋愛が結婚を決意させたという。