島谷ひとみ デビュー10周年を迎えた島谷ひとみが17日、広島・宮島の世界遺産である厳島神社で記念ライブを行った。
 広島県・瀬戸内海に浮かぶ倉橋島で生まれ育った島谷にとっては、「厳島神社」は社会科見学や遠足ではしゃいだ小学校時代、歌手を目指してうずうずしていた中学時代、デビューが決まり、初めての東京生活に期待と不安を抱えていた高校時代と幼い頃から人生の節目に関わってきた特別な場所。
 デビュー10年。この節目の年に彼女の原点ともいうべき場所で彼女のヒット曲「亜麻色の髪の乙女」や新曲でKiroroのカヴァーで話題となった「長い間」など全17曲を歌唱した。
 世界遺産ということもあり、特別な場所での幻想的なシチュエーションの中、10年間の島谷ひとみの音楽、全てを表現したライブとなり、会場に集まったファン1300人を魅了した。
 島谷ひとみ本人も、自分の原点となる場所での記念ライヴに感激し、最後は「また来るけんね」と最後は地元広島の方言を交えて再演を誓った。