SPEED 03年以来6年ぶりとなる全国ツアーをスタートさせたSPEEDが13、14日、日本武道館で2DAYS公演を行い、アンコール含め全26曲を熱唱した。
 会場には多くののファンが集まり、ライブでの久しぶりの再会と、SPEEDの生のボーカル、演出、ダンス、MCなどに酔いしれていた。メンバー全員、会場にいるファンに向けて感謝の言葉を何度も述べていた。
 SPEEDは、1996年8月5日「Body&Soul」で鮮烈なデビューを飾りミリオンヒットを連発、2年連続史上最年少全国4大ドーム公演を成し遂げるなど、不動の地位を築いた。昨年の夏には再結成を宣言し、本格的に活動をスタート。新曲「あしたの空」(2008年11月12日発売)、第2弾シングル「S.P.D.」(09年05月27日発売)を発表した。
 最新シングル「S.P.D.」では初の海外作曲家陣を迎え、また斬新的なサウンド、スタイル、ダンスなど取り入れ、「SPEED」というブランドの振り幅と、より一層のレベルアップを図りつつも、あえて1996年のデビュー日である8月5日にベストRe Trackアルバム「SPEEDLAND」-The Premium Best Re Tracks-を発売。SPEEDの真骨頂楽曲の数々に今だからこそ表現できる世界観を演出した作品を発表している。
 今回は最新シングルを携えての全国ツアー。上原多香子の腰椎負傷による公演の延期もあったが、東京・日本武道館公演を終え、今後は10月18日(日)鹿児島市民文化ホール第1、10月25日(日)新潟県民会館、11月1日(日)金沢歌劇座にて開催する。
 また11月18日には今回の全国ツアーの模様やオフショット等を撮影した写真集「SPEED welcome to SPEEDLAND」が発売される予定だ。12月末にはライブ全編を収録したDVDも発売予定である。