ライオネル・リッチー アバ、カーペンターズに続く70~80年代ブームを代表するシンガーで、その真打ちとも言える、ライオネル・リッチー(60)が、新ベストアルバム「セイ・ユー・セイ・ミー~ライオネル・リッチー・ベスト・コレクション」を携えて13年ぶりに来日することが分かった。来日時には都内某所でリリース記念イベントを開催する予定だが、そのイベントで歌う曲目をファン投票で決定することも合わせて発表された。
 世界を代表する大物ポップ・シンガー、ライオネル・リッチーが11月4日発売の新しいベスト・アルバム「セイ・ユー・セイ・ミー~ライオネル・リッチー・ベスト・コレクション」プロモーションのために、13年ぶりの来日を果たす。
 グループ時代(コモドアーズ/70年代)~ソロ時代(80年代)に在籍していたモータウンが50周年、本人も60歳の還暦を迎えた今年は、まさしくライオネルにとってメモリアル・イヤーだ。さらにはレーベル・メイト(モータウン)であり85年の大ヒット・チャリティ・ソング“ウィ・アー・ザ・ワールド”の共作者であったマイケル・ジャクソンが今年6月に急逝したということもあり、大きな節目の年での来日となる。その節目を迎えたライオネルが、日本のメディアに対してどのような発言をするかにも大きな注目が集まる。
 ライオネルの来日は10月27日から11月4日を予定。日本の各メディアに登場し、新ベスト・アルバムのプロモーションを精力的に行う。さらには11月2日(月)に都内某所でベストアルバムリリース記念イベントも開催予定だ。くしくもその日は、日米での大ヒット曲“セイ・ユー・セイ・ミー”(85年ビルボード・チャート1位)が24年前に、ラジオやテレビで解禁され、初めて世に伝わった日でもある。
 そんな記念すべき日のイベントでは、ライオネルによるライブ・パフォーマンスが予定されているが、そこで披露される曲目は、ファン投票で決定されるという。ファンからの人気の高い名曲がズラリと並ぶことが予想され、ファンにとっては注目のイベントとなりそうだ。このファン投票は、15日からユニバーサルインターナショナルの公式サイトで始まっている。