WHITE JAM 4人組ボーカルユニットのWHITE JAM(ホワイトジャム)が14日、配信限定シングル第5弾「Dance With Me 2009」をレコチョクで独占配信を開始した。
 新曲「Dance With Me」は、思いどおりにならない恋をしている人、つまらない毎日を送っている人、仕事がうまくいかない人、日常のうっぷんを晴らしたい人などなど、全ての人に捧げる“癒し&応援ソング”だ。また、この曲は、BSフジの人気番組「すっぴんカレッジ2nd stage」のエンディングテーマとして使用されており、PVには「すっぴんカレッジ」メンバーの女の子たち、人気モデルの女の子たちが出演している。
 WHITE JAMは、圧倒的なテクニックに裏打ちされたハイトーン・ボイスとエネルギッシュなスタイルが魅力のSHIROSE(♂)、ソウルフル&情熱的な歌声でWHITE JAM サウンドの体感温度を上昇させるMIA(♀)、それとは対照的に、クールなシルキー・ボイスでスタイリッシュな感覚をもたらすNIKKI(♀)、そして、卓越したリリック・センスとハイ・スピードなラップで周囲を圧倒するGASHIMA(♂)の4人組。
 サウンドのキーワードは“ファンキー&ゴージャス”で、ソウルやファンクといった70年代・80年代のブラック・ミュージックに影響を受けながらも、ハウスやR&B、ヒップホップといった最新クラブ・ミュージックのエッセンスを散りばめることで、カッティング・エッジでありながら、どこか懐かしさを感じさせる世界観を構築している。
 また、全楽曲の書下ろしを、ワールドワイドな音楽シーンで活躍する海外のトップ・プロデューサーに依頼。海外レコーディングを併用することで、既存のJ-ポップ・サウンドには見られない、ユニークなサウンドを創り上げることに成功している。
 WHITE JAMは今後、年末にかけて更なる配信シングルのリリース、そして年内にはフル・アルバムCD発売を予定している。