CLUB PRINCE 現役ホスト5人による音楽ユニット「CLUB PRINCE」が、ユニバーサルミュージックへ移籍し、11月4日に移籍後初となるシングル「祭の神」をリリースすることが分かった。また、10月12日の月曜日は、大阪・泉州で行われる「だんじり祭」でパフォーマンスを、14日の水曜日には同曲の着うたが配信されることが決まった。
 CLUB PRINCEは、新宿歌舞伎町・札幌ススキノを中心に全国でメンズキャバクラ等を数十店舗をプロデュースするYUGAを軸に結成されたユニット。07年5月にシングル「LOVEドッきゅん」でデビュー。同作は、オリコン・ウィークリー・チャートで34位、USENリクエスト総合では5位を記録している。
 移籍後初となるシングル「祭の神」は、“だんじり祭のカリスマ”とされるロック歌手IKECHANのスマッシュヒット「ケヤキの神」が、現在ホスト、キャバクラでシャンパンコールなどで替え歌で流行っていることにYUGAがインスパイアを受け、リズミカルアレンジで楽曲を制作。関係者を通じてIKECHAN本人に聴いてもらったところ本人もこれをアンサーソングとして快諾。IKECHAN自らフィーチャリングで特別参加まで実現した、カリスマ2人による“夢”のコラボソングだ。
 同曲のプロモーションビデオは、YouTubeユニバーサル公式ページで解禁される。このビデオには、人気グラビアアイドルの川村ゆきえが出演している。しかも、初の“猫コスプレ”で「ニャンニャン」、「ニャーン」と悩殺ショットを披露。浴衣の衣装でも登場するシーンあるという。川村は「PV撮影は私にとって珍しいお仕事で、撮影は夜中までだったんですがCLUB PRINCEのみなさんちょー元気!撮影後は、お見送りまでご丁寧で、気遣いが素晴らしすぎて感動しちゃいました!」と撮影を振り返っている。
 YUGAは「プロモーションビデオも僕らなりの祭を精一杯表現した、とても楽しく勢いのある作品となっております!プロモーションビデオには、スペシャルゲストとして「ケヤキの神」の生みの親『IKECHAN』と、タレントの『川村ゆきえ』さん、そして『ロボットK』こと、PaniCrewの笠原さんが出演しておりますので、そちらも是非注目してみて下さい」とコメントしている。