img1203_yazawa600

 9月19日に行なわれた矢沢永吉の20年ぶりとなる東京ドーム公演が、完全ノーカットとしてDVD化されることが決った。

 「60歳で現役ロックやっているやつがいないなら俺やる」と宣言したあの夜――。デビュー以来毎年続けていたライブツアーを、昨年37年目にして初めて封印していたが、その復活第一弾の場所に選んだ東京ドームでこう宣言した。そのライブの模様が、完全ノーカット版でDVDリリースされることが決定した。

 同公演は、60歳という年齢を微塵も感じさせない熱いパフォーマンスで5万人を圧倒し、さらにゲストには元BOΦWYの氷室京介、元THE BLUE HAERTSの甲本ヒロトと真島昌利、the generousとして活動する愛娘yokoとのデュエット共演なども大きな話題を呼んだ。

 ライブに行くことが出来なかったファンなどから、DVD化の声はすでに多く上がっていたが、10月4日にNHK総合テレビでも公演の模様が一部放送されたことで、さらに大きな反響を呼んだこともリリースが決定した要因となった。

 完全ノーカット版ということ以外、詳細は未定だが、リリースは今年12月上旬となる予定。待ちに待ったライブ活動復活が、今度はDVD発売というクリスマスプレゼントとなる。新旧楽曲織り交ぜた渾身の26曲を披露した東京ドーム公演のセットリストは、公式サイトに掲載されている。