エミマリア 10月7日に配信限定シングル「One Way Love」でメジャーデビューするEMI MARIA(エミマリア)が、JUJUなど数々のアーティストとフィーチャリングを行ってきたJAY’EDとコラボレーション楽曲を制作することが決まった。
 今でこそ世間から熱い注目を集める二人だが、その出会いは約3年前に遡る。mixCDに入っていたJAY’EDの歌声に初めて触れ、以前よりその歌声に惹かれていたEMI。2006年12月、ライブハウスで初めて会い、2008年にはライブでDonny Hathaway「This Christmas」を共にカバーし歌唱するなど、その親交を深めていった。
 以前より何か一緒に出来ないかとタイミングを計っていたが、雑誌の対談がきっかけで今回のコラボレーションが実現。JAY’EDから「どうせやるならガッツリと、2人にしか出来ない楽曲にしたい」とのオファーを受け、EMIがトラックを提供した。
 そこにJAY’EDがメロディーを載せて、約半年の時間をかけてコラボ曲「Luv is... feat. EMI MARIA」を完成させた。この曲は10月28日リリースのJAY’EDのファーストアルバム「MUSICATION」に収録される。
 また、それぞれのリリースを記念して2人の地元である関西の地でコラボライブを行うことが決まった。10月17日(土)午後5時からタワーレコード梅田NU茶屋町店で開催される。
 これに伴いEMIからは「数多くいるシンガーの中で、ずっと“一緒に何かやってみたい”と思っていた方なので楽曲参加もコラボライブも決まった時は相当テンション上がりました!!一人のシンガーとしても、一人のJAY’ED君のファンとしても、このコラボライブを目一杯楽しみたいと思ってるので皆さんも是非遊びに来てください!!」との意気込みが語られた。