マイケル・ジャクソン 10月28日から2週間限定で世界同時公開される映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」の前売券が28日、全世界で同時発売され、日本では8万7000枚の驚異的な売り上げを記録した。
 オンラインチケット販売のローソンチケットでは、前売鑑賞券初日発売枚数の歴代1位となる5万6746枚(9月28日現在)を記録。劇場では、東京の新宿ピカデリーを筆頭に全国296館の劇場では3万176枚(9月28日現在)の売上げを記録し、合計約8万7000枚という記録的な数字を叩き出し、マイケル・ジャクソンさんに対する関心の高さとファンの熱狂ぶりが感じられる結果となった。
 世界でも前売りが同時発売されており、全世界でセールス枚数の記録を樹立しているが、日本の8万7000枚(売上金額:約127万ドル)はインターナショナルではTHIS IS ITコンサート開催地であったイギリスの3万枚を抜いてトップのセールスとなっている。
 また、同作は10月28日の初回上映時間を午後7時からとし、全国劇場で解禁、公開することが決定した。同作のプレミアは、米ロサンゼルス現地時間10月27日の午後6時にワールドプレミア、日本では28日午後6時にジャパンプレミアが開催されるほか、世界25カ国以上で実施される。
 初日初回解禁時間は、LAのワールドプレミアの3時間後に一般公開が開始されるほぼ同時刻に設定されている。世界的に解禁時間を合わせることで、今回の前売り発売と同様、世界的大イベントのエンタテインメント感と興奮は、映画、音楽のジャンルを超えて、世界が同時に体感、遭遇する一大イベントとなりそうだ。