VAMPS ラルクアンシエルのボーカルHYDEと、オブリヴィオン・ダストのギターK.A.ZからなるロックユニットVAMPS(ヴァンプス)が現地時間13日、世界初のハワイ真珠湾に係留している戦艦「ミズーリ」号の甲板でライヴを行なった。
 このライヴは「VAMPS LIVE 2009 FINAL PARTY」と称され、5月より約4カ月、計60本のツアーを日本、アメリカ台湾で行なったツアー最後のライヴを飾った。
 「最後は壮大なところでライヴしようと考えてたけど、ここまで壮大になるとは思わなかった」とステージ上のHYDEは笑いながら話した。
 日本を含む世界から600人のファンが集い、世界初のライブ会場となったミズーリ号からは、オーシャンビューとサンセット、そして海風に包まれながら甲板は瞬く間にライヴ会場と化した。
 メンバーが夕暮れに浴衣に着替えて登場したり、バンドメンバー全員のMCがあったりと「今日はライヴじゃないで!パーティーやで!」とHYDEが冒頭にファンに投げかけた言葉通り、ファンとの一体感が印象的だった。
 「VAMPS LIVE 2009」はこの世界初のステージでのライヴで締められ、そんなツアー終わりを告げる通算4枚目のシングル「SWEET DREAMS」が9月30日にリリースされる。
 さらにはこの「SWEET DREAMS」が、新・オンガク生活mu-moテレビCMソング”に起用されることが発表された。