タイナカサチ 16日に最新アルバム「Destiny」発売、27日には今年初のワンマンライブをを行うタイナカサチが、20日から22日にかけて東名阪でアルバム発売記念ライブを行う。このイベントではファンを喜ばせてくれるサプライズ企画が用意されているという。
 20日(日)大阪・千里セルシー、21日(月)東京・渋谷ラ・ファブリック、22日(火)名古屋・アスナル金山の3会場で行われる同イベントでは、サイン入りポスターがプレゼントされる、プレゼントミニライブと握手会が予定されているが、その他にも先行シングルにもなっている楽曲のタイトルにちなんで握手会に参加した人のうち、スペシャルな企画が用意されている。詳細は明らかになっていないが、過去にはファンと“ハグ”抱き合う企画も実施されたこともあり、期待の内容と言えそうだ。このイベントの握手会の参加は、アルバム初回盤購入者が先着で入手できるイベント参加券が必要。
 また同アルバムを引っ提げて27日(日)には、渋谷CLUB QUATROでワンマンライブを開催する。10カ月ぶりのワンマンということもあり、タイナカ自身も「もうエネルギーがたまりまくってる!」と気合が入っている。彼女の3オクターブ半とも言われる声域から紡ぎ出される透き通った歌声が披露される。
 最新アルバム「Destiny」は、タイナカサチにとって通算3枚目のアルバム。話題のシングル曲「もうキスされちゃった」「また明日ね」「運命人」を収録した待望の一枚。「自分として生まれてきた事や、今ここにいる“運命”をしっかり受け入れて、そしてその“運命”をこれから自分なりにもっと輝かせていきたい」というテーマから始まったこのアルバムは、タイナカにとってまさに“運命曲”や“想い”が詰まった作品に仕上がっている。テンポのある曲からバラードナンバーまで、バラエティー豊かな曲が揃っており「しっかり自分の“声”でちゃんと届けるという、一番シンプルな所に戻って制作をしました」と本人も語る自信作。約1年半ぶりのアルバムリリースということもあり、新たなタイナカサチの魅力が満載だ。