AK-69 インディーズシーンのみならず、日本の音楽シーンをも騒がせるヒップホッププレイヤーAK-69の9月2日発売のアルバム「THE CARTEL FROM STREETS」が、14日付オリコンウィークリーアルバムチャートで10位を獲得。3日付同アルバムチャートでは7位に付けた。
 発売前から話題を呼んでいた今作だが、メジャー含めたチャートでインディーズの作品がオリコンチャートのトップ10入りするのは、極めて異例な記録であり、人気の高さが伺える。また、賑わいを見せているのはオリコンチャートだけではなく、その他の音楽番組で調査するチャートでも次々と並み居るメジャーアーティストを抑えてトップ10入りを果たしている。
 同作は、映画「ハイキックガール」エンディングテーマソングにもなっている「Lookin’ In My Eyez」をはじめ、ストリートチューン「雨音 feat.LA BONO」、不遇な境遇の中にいる人たちに向けた応援ソング「Only God Can Judge Me」、ハードロック調のトラックに超攻撃的リリックを吐き出す「A to Z feat.ZANG HAOZI」、少年合唱団のコーラスが響くピースソング「Sun Rise」などを収録。
 また、ARIA、BIG RON、HOKT、KAYZABRO(DS 455)、LA BONO、Phobia Of Thug(Mr.OZ/GANXTA CUE)、ZANG HAOZI、DJ MOTO、Lil’Jなど、シーンで呼応する実力者の参加も大きな聴き所だ。