9mm<9mm Parabellum Bullet日本武道館公演レポート>
 2009年9月9日、「9」揃いのこの日、ロックバンドの9mm Parabellum Bullet(キューミリ・パラベラム・バレット)が日本武道館でプレミアムライブ「999(アットブドウカン)」を行った。
 2007年10月10日のデビューから、わずか2年足らずで武道館公演を迎える事となったキューミリ。当日、武道館へ来場した人が世界で一番最初に聴く事ができる新曲のCDが付いている“CD付きチケット“は発売開始と共に即完。前売り価格は4999円と、こちらも「9」揃いのプレミアムチケットを手にする事のできた約1万1000人が武道館へ集結した。
 会場の外では、記念グッズ販売&この日限定のお祭り企画、オリジナル・グッズが当たる、「999」記念コイン付きスクラッチ抽選会なども行われ、ライブスタート前から既にお祭り気分に。
 ステージには巨大なアンプの壁と「999」とだけ書かれた幕が張られており、開演を今か今かと待つ客席の熱気が充満していた。図らずも19時9分にメンバーがステージに登場し、「(teenage)Disaster」でライブがスタート。イントロが始まると同時に轟音と共に幕が落ち、彼らがライブでいつも使用しているフラッグが姿を現した。
 立て続けに4曲を演奏した後も、菅原(Vo/Gt)の「今日はたっぷりやるので、のんびり行きましょう」というMCとは裏腹に「We are Innocent」「Psychopolis」「Hide & Seek」と得意の高速曲を、次々と叩きつけていく。この日が初披露となる、シークレットシングルに収録されている新曲「Cold Edge」が早くも演奏され、その後も「野音では音が出ていなかった」(菅原)というアコースティックギターによる曲や、更なる新曲、「くるり」と「メタリカ」のカバーなど普段のライブでは聴くことのできない曲が次々と演奏された。
 ライブ終盤、「バンドの名前が9mm Parabellum Bulletじゃなかったら、9月9日に武道館でライブをやろうなんて思わなかったし、そもそもこのバンドをやっていなかったらこの場所に立てなかった。みんな本当にありがとう」という菅原のMCに、会場は温かい拍手と歓声に包まれた。アンコール含め全29曲、2時間以上にわたる圧巻のライブは大盛況の中、幕を閉じた。
 この日初披露された新曲「Cold Edge」と、カップリングに「999(アットブドウカン)」ライブ音源を収録し、僅か3週間後の9月30日に3rdEP「Cold Edge e.p.」として緊急発売される事がライブ中に発表。さらに、この日演奏された新曲「Cold Edge」のライブ音源の着うたフルが、ライブ当日の9月9日24時より「Cold Edge(Live Track From “999” 09.09.09 At Budokan)」として、レコチョクにて緊急配信されることも同時に明らかになった。またライブチケットについていた「シークレット・シングル」を999枚限定で、こちらも9日夜24時から残響on lineでの発売が決定するなど、非常にサプライズな発表もあった。
 キューミリファンに取って、正に金字塔的なプレミアムライブとなった「999」。09年は10もの主要夏フェスに出演するなど、正にバースト寸前の熱気を放っている彼だが、武道館公演を終えた後も「Cold Edge e.p.」のリリースやイベントライブへの出演等、その勢いをますます加速させる。