ブルーマン.jpg 11月29日に千秋楽を迎える「ブルーマングループIN 東京」。感動の演目を飾ってきた青塗り3人ユニットのブルーマンが8日、おじいちゃんとおばあちゃんの原宿と呼ばれる巣鴨を訪れた。
 いつものように無言のコミュニケーションを繰り広げるブルーマンだが、あっという間におじいちゃんの人気者に。写真撮影や握手をしながら道行く方々と触れ合う、ブルーマンの回りには、人だかりが出来た。
 巣鴨地蔵通り商店街を散策していたブルーマンたちは、せんべい屋を見つけると興味津々。店の主人にせんべいをもらったブルーマンが、別のブルーマンを目がけてせんべいを投げると、それを見事に口でキャッチ!ショーで行うマシュマロキャッチならぬ、せんべいキャッチに通行人も沸いた。
 また、とげぬき地蔵尊・高岩寺の大香炉でおばあちゃんに教わりながら煙を浴びるなど、すっかり巣鴨になじんだブルーマンたち。おじいちゃんおばあちゃんとのコミュニケーションもバッチリ習得したブルーマンたちは、シルバーウィークに、六本木・インボイス劇場にて特別企画を開催する。
 9月19日土曜日から9月23日水曜日にブルーマンを観劇する60歳以上の観客、もしくは孫連れの観客には終演後、ブルーマンとの撮影が行える。