傳田真央 R&Bシンガーの傳田真央(でんだ・まお)が6日、グランドプリンスホテル新高輪で開催された神戸コレクション(約5000人動員)でライブを行った。
 傳田は、きらびやかなファッションショーが一段落し会場が暗転した午後2時20分からのセカンドステージに登場。傳田のステージのスタートを告げるスクリーンが映し出されると、会場からは歓声があがった。
 傳田はまず、この日の為に特別に用意したデビュー時の代表曲のメドレー「MAO’S MEGA MIX(耳もとにいるよ~そして目が覚めたら~あなたとふたりで)」を披露。比較的おとなしめの観客もハンドウエーブを行うなど活性した。
 カーキのパンツに胸に存在感のある大きなリボン付きキャミソール、その上に秋を先取りした黒羽のショートベストを合わせ、ハットでモードさをプラスしたスタイルで登場した傳田は「これから季節が秋に向かう中で恋もファッションもより活動的になってくると思いますが、みなさんの日常のさまざまなシーンに私の音楽が一緒に居れたら嬉しいです」と語りかけた。
 その後、傳田の今年の復活第1弾シングル「Bitter Sweet」を披露。この曲は今年の1月に発売され、恋を忘れられない20代女性を中心に大ヒット。着うたダウンロードも30万を突破している。
 傳田は、この日披露した「耳もとにいるよ」を10年ぶりにリメイクした新曲「耳もとにいるよ… ~Ring the bells REPRISE~」は9月23日にレコチョク独占先行配信限定シングルとしてリリースする。