仙台貨物 人気コミックバンドの仙台貨物(せんだいかもつ)が5日、東京・新宿で行った新曲発表会で、11月5日開催の日本武道館公演をもって活動を休止することを発表した。この日は、10月28日発売の最新アルバム「凸~デコ~」収録曲を含む3曲を披露した。
 5日午後2時、新宿の街頭ビジョンに仙台貨物のヒストリーが流された後、ボーカル千葉がビジョンから集まった3000人のファンに挨拶、大歓声の中メンバーがステージに登場し、恒例の「おまえら、いげんのか?」の掛け声でライブが始まった。
 最新アルバム「凸~デコ~」からの新曲「腐況の風」「俺ら東京さ行ぐだ」の2曲を披露すると突然、千葉が「仙台貨物は11月5日の日本武道館で倒産します。日本武道館が最後の晴れ舞台になります」と電撃発表。呆然と立ち尽くすファンを後目に、ヒット曲「神様もう少しだけ」を熱唱。アンコールの大合唱が鳴り止まない中、ステージを後にした。
 イベント終了後には活動休止の号外フライヤーが配られたが、号外を食い入るように見入るファンやステージ前からなかなか立ち去らないファンも数多くおり、突然の活動休止の発表の衝撃を物語っていた。
 仙台貨物は今後、10月28日に最後のアルバム「凸~デコ~」をリリースし、10月31日・仙台イズミティ21のライブを経て、11月5日の日本武道館で最後のライブを行う。また関係者によるとアルバムの発売に合わせイベントも検討されているという。