ウニョン テレビ東京系ドラマ「怨み屋本舗REBOOT」のエンディングテーマで今流れている女性シンガー、ウニョンの新曲「放熱ララバイ」のPVが話題になっている。
 このPVでは、男女の性差の境界を超越した、ボーダーレスな禁断の愛が描かれているが、主演(PV初出演)の吉原シュート自身が、PVで演じている役どおり、身体は女性だが心は男性という性同一性障害ということでも話題となり、8月上旬のユーチューブ閲覧開始後1週間で視聴数は5万回を超え、「再生回数の多い動画」でも最高位10位にランクし、9月1日現在では6万5000回を超えている。「切ない」「感情移入してしまう」と、ブロガーの書き込みも600件を超えており、静かなブームとなっている。
 この楽曲は、韓国ソウル出身で現在は日本で活動するシンガー、ウニョンの新曲として9月2日にCDリリース。PVでは本人も歌姫として登場し、透明感のある歌声が魅力的だ。歌詞内には「38℃の熱の中で」という表現があるが、これは朝鮮半島の南北国境線の38度線になぞらえたもの。国境を超えたボーダレスな視点も織り込んだ愛のストーリーが曲中で繰り広げられている。
 9月13日には、HMV池袋メトロポリタンで、同CDのリリースを記念したインストアライブの開催が決定。ウニョンのミニライブに加え、トークゲストに話題の渦中の吉原シュートの登場も予定されている。