IMALU 先月30日、モバイルサイト「@peps!ミュージック」主催の夏フェス「@peps!ミュージック1周年記念“夏祭り’09”」がクラブチッタ川崎で開催された。
 当日は、雨が降ったり止んだりの生憎の天気の中、イベント開始の数時間前からクラブチッタ川崎の前には、開場を今や遅しを待ちわびた観客たちが列を作る盛況ぶり。その出演陣の豪華さが話題を呼んでいた同イベントへの期待の高さが伺われた。
イ ベントは、Iyseとnawiiのパフォーマンスでスタート。オープニングアクトの2組から会場は沸きかえり、MCの光邦とIMALUが登場するとその盛り上がりはさらにヒートアップ!初めてIMALUを生で見た観客たちから、「カワイイ!」という声援が次々と上がり、IMALU本人はその声に照れくさそうに応えていた。
 モバイルサイト発のイベントということもあり、当日会場に用意された2つの大型スクリーンでは、ライブ中に感想や思ったことが携帯電話で書き込め、それがリアルタイムでビジョンに反映される「@peps!ミュージックプレゼンツ夏祭り'09リアルタイム掲示板」が開設。MCの光邦が「普通の音楽イベントでは、『携帯電話の電源は切ってください』って言われるけど、今日はバンバン書き込んでくださいって言うんだから、モバイルサイトのイベントならではだよね!」と会場に呼びかけると、イベント中は書き込みが止まらない程の盛り上がりを見せ、各アーティストへの温かい応援メッセージで溢れた。また、新人アーティストを応援するサブステージでは、ライブ中、正面に生の応援の声が映る掲示板が見える構造。そのため、木下航志、Glean Piece、菅原紗由理、BAKI、ヒルクライムの5組はさらにテンションを上げていた。
 また、ダンスステージでは、杏仁豆腐と謎の仮面ダンサー・ひとりでできるもんが登場。ひとりでできるもんは、客席に何度も乱入し、観客を巻き込んだパフォーマンスに大爆笑をさらっていた。
 メインステージで繰り広げられたライブは、アツいステージの連続。May J.、傳田真央、Hi-Fi CAMP、lecca、Miss Monday、CLIFF EDGE、MAY'Sがそれぞれ個性溢れるパフォーマンスを披露し、約6時間という長時間のイベントだったが、最初から最後までその場を離れない観客で、会場は常に膨れ上がっていた。大トリにET-KINGが登場すると、会場全体でタオルを振るパワフルなステージに観客のボルテージは最高潮。興奮が冷めやらぬうちに、大盛況だったイベントは終了した。