ヒルクライム 9月30日に発売が決まった、ヒルクライムの通算2枚目となるシングル「春夏秋冬」の着うたレコチョク先行配信と、歌詞検索サイトの歌ネットモバイルと@peps!ミュージックで歌詞をモチーフにしたケータイ小説の公開が、それぞれ26日に始まった。
 セツナ系ラップユニットとして、デビュー曲「純也と真菜美」が高い評価を受けたヒルクライム。そのメロディーはもちろんだが、特に人気を集めているのは「歌詞」だ。
 デビュー曲「純也と真菜美」は、ヒルクライムの親友である純也の結婚式のために、純也と奥さん真菜実さん2人のエピソードを聞いて書き下ろし、「結婚」という幸せを手にした2人への温かい愛に溢れた歌詞が特に評判を呼んだ。
 そのヒルクライムが、メジャーデビュー第2弾シングルとして発表する「春夏秋冬」は、日本の四季をテーマに、大切な人と過ごす時間の喜びを、率直な言葉で描いた感動のバラードナンバーとなっている。同曲は既にライブ等で披露されているが、リリース化を熱望する声が多く寄せられていたという。
 前作を凌ぐと評判の高い今作「春夏秋冬」だが、その歌詞の世界観は、ケータイ小説の分野でも広がることとなった。今最もアツい音楽情報発信源として注目を集める歌詞検索サイト「歌ネットモバイル」とモバイルサイト「@peps!ミュージック」で、その歌詞をテーマとした「ヒルクライム携帯小説『春夏秋冬』」が公開。曲の中に描かれている「大切な人と過ごす四季」というテーマを膨らませた4つの物語が展開されており、どれも必読の仕上がりだ。
 また、それに合わせて、同日にレコチョクにて着うたの配信もスタートした。