MAY’S MAY’Sの通算5枚目となるシングル「I LOVE YOU が言えなくて」が発売された。先行配信された着うた・着うたフルは共にディリー1位、ウィークリー2位を獲得。まさに大躍進を見せているMAY’Sだが、そのプロモーションは一味違うと評判を得ているという。
 「I LOVE YOU が言えなくて」は、その名の通り、“切ない”恋心を綴った片想いソング。哀愁感溢れる澄んだトラックに、エモーショナルでいて繊細な片桐舞子のボーカルが印象的な、心に響くラブソングだ。
 ヒットの大きな原動力が片桐(MAY’S)の歌詞にあると言われ、そこに目をつけた宣伝チームが仕掛けたのは歌詞検索サイト。大手歌詞検索サイト「歌ネットモバイル」で「I LOVE YOU が言えなくて」をタイアップしたケータイ小説を同サイト内で連載。歌詞検索において、加藤ミリヤ、阿部真央、Lil’Bらを抑え、アクセスランキング1位に輝いた。
 その流れを汲んで、7月29日からレコチョクで始まった着うた先行配信では、7月30日付デイリーチャートで1位、ウィークリーチャートでも、B’z・浜崎あゆみと競う形で見事2位を獲得。その後配信された着うたフルでは、8月12日と13日付のデイリーランキングで1位、その週のウィークリーランキングでは浜崎あゆみとEXILEに挟まれての2位に輝いた。関係者の話では「歌詞が若い世代に響くと着うたがヒットする、という方程式を証明された」と話す。
 ミュージッククリップ(PV)には、AKB48の板野友美が出演。異色のキャスティングと質の高い出来栄えが話題となっており、ユーチューブの所属レーベルオフィシャル内にフルサイズのPVがアップされた直後からアクセスが殺到、同サイトのランキングで上位に食い込んだ。さらに、PVやケータイ小説に登場するアクセサリーを実際に製作、発売、問い合わせが殺到するなど、様々な手法を駆使して、ケータイ層マーケットからの支持を得ている。
 そんなMAY’Sの存在は、ファッション界からも注目されており「KOBE COLLECTION 2009 AUTUMN/WINTER」の神戸・東京両会場への出演が決定している。
 関係者は「今どきのケータイ層や女性層に切り込んでいくにも、アーティストの地力や世界観が無くては空回りした軽薄な存在になっている。その点、MAY’Sはメンバー自作のクオリティの高い作品や、ライブの強さもある本物のアーティスト。自信を持って、宣伝できる」と確信している。
 圧倒的なライブパフォーマンスや歌唱力にも定評があるMAY’S。9月23日にはオフィシャルモバイルファンクラブ「Smiling」設立を記念した、2度目のワンマンライブが赤坂BLITZで決定し、こちらもソールドアウトは間違いないそうだ。